image
image1
image2
image3
image4
Overseas
Business

海外事業

日本屈指の
サーキュラーモデルをアジアへ展開

概要

気候変動や天然資源の枯渇、生物多様性の劣化は世界共通の課題です。これに対しアミタは、循環型社会の構築による解決を目指しています。創業以来45年以上にわたり国内外で培った、資源循環に関する豊富な知見・実績・ネットワークを活かし、企業や地域の共創パートナーとして、持続可能性向上を支援します。そして「もの、情報、気持ち」すべてが最適に循環し続ける社会デザインを日本からアジアへと広げていきます。

事業エリア

image

その他海外ネットワーク(代替原燃料の輸出入など)

フィリピン、ロシア、中国、インドネシア、イタリア、パキスタンなど

お客様の課題・ソリューション

お客様の課題

  • お客様の課題

    日本・現地法人 生産管理・調達部門の方など

    安定的な調達とScope3の削減を図りたい

    アミタが提供するソリューション

  • お客様の課題

    主に日本法人 海外事業ご担当者・
    ESG推進室の方など

    海外生産拠点のサステナブル化を図りたい

    アミタが提供するソリューション

  • お客様の課題

    日本&海外政府 政府・自治体の国際課の方など

    新興国が直面する地域課題を解決したい

    アミタが提供するソリューション

  • 日本&現地法人 生産管理・調達部門の方など

    安定的な調達とScope3の削減を図りたい

    • 調達の安定性を確保し、コストを削減したい
    • 環境制約が高まる中で調達フェーズでのCO2排出量の削減が急務
    • 上記解決のために天然資源に代わる代替資源を利用したいが、自社で取引先を探すのは困難
    image

    サステナブル調達

    価値の無いものとして扱われてしまうような副産物を、天然資源の代替資源として提供します。
    マレーシアで100%リサイクル製造所を稼働するほか、代替資源の輸出入を通じた国際資源循環を実施。

    代替資源の供給(域内循環)

    アミタの独自技術を活用し、指定廃棄物を100%リサイクル。循環資源はセメント代替原料・燃料として主にセメントメーカーに供給。

    代替資源の輸出入

    排出事業者から出る副産物を代替原料・燃料として利用する他国のユーザーへとマッチング
    主な代替原燃料:セメント/非鉄/鉄鋼/レアメタル/化成品/化学品/食品添加物 他

    海外生産拠点のサステナブル調達による効果

    • 代替資源の活用による調達リスク・調達コストの低減
    • 調達フェーズの環境負荷低減による、サプライチェーン全体のサステナビリティ向上

    主に日本法人 海外事業ご担当者・ESG推進室の方など

    海外生産拠点のサステナブル化を図りたい

    海外生産拠点でもサーキュラーエコノミー(CE)やカーボンニュートラル(CN)、ネイチャーポジティブ(NP)を推進したいが…

    • そもそも現状把握が出来ていない
    • 現地の法律やルール、商慣習などの前提が分からない
    • 対応する人手が足りない
    image

    海外生産拠点のサステナビリティ強化

    「資源循環」を軸に、企業活動の中で特に環境負荷の高い生産拠点の持続性向上を支援します。
    貴社の現状把握や事業環境などのリスク調査から、ビジョン策定、実行、運営までをトータルサポート。

    環境リスク調査

    各国における環境・廃棄物管理などの法令調査。調査結果のレポート作成・簡易報告

    現状課題・ポテンシャル調査

    サステナビリティ取り組みの現状・課題・ポテンシャルの可視化。分析結果のレポート作成・簡易報告

    環境負荷低減と資源効率化の統合支援

    CN、CE、NPの3つの視点から、既存事業の環境負荷低減と資源効率化を統合的に支援

    海外生産拠点のサステナビリティ強化による効果

    • CN・CE・NPの統合支援により、場当たり的対応や部分最適から、統合的な全体最適への移行
    • 海外拠点のサステナビリティ強化による企業価値向上

    日本&海外政府 政府・自治体の国際課の方など

    新興国が直面する地域課題を解決したい

    • 廃棄物の焼却・埋立を削減したいが、現状把握や解決策の検討に要する知見・技術が不足している
    • アジア地域を中心とする新興国の環境改善に向けた国家間協力や都市間連携、日本技術の海外展開を推進したい
    image

    島嶼国等の域内資源循環モデルの構築

    成長の著しいアジア地域を中心に、対象地域の現況調査からビジョン策定、運営・実践まで一気通貫で支援します。
    官民連携や国際支援機関との共創スキームで推進。

    域内資源循環モデルの提案、実証実験、構築支援

    対象地域の現況調査・事業性調査、ビジョン策定・戦略立案、共創スキームの構築、具体化など

    域内資源循環モデルの構築支援による効果

    • 新興国における温室効果ガス削減
    • 生活インフラの普及や資源有効利用による地域産業等の発展に貢献

    よくあるご質問

    A

    はい、廃棄物管理に関する各国の法令や規制を含め、現状把握から進出(環境アセスメント)に関する支援を行うことが可能です。
    現地の特性や法令に基づいた、最適な支援策をご提案します。

    A

    マレーシアでは100%リサイクル工場を運営し、指定廃棄物を代替原料・燃料に再資源化しています。
    マレーシアで資源化できないものは、現地で加工し、日本向けに輸出なども行っています。
    その他の国においても、現地リサイクラーの調査や資源ユーザーとのマッチングなどを通じて、貴社の資源循環を支援します。

    A

    マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムをはじめとするアジア地域を中心に調査や支援を行っています。
    貴社のニーズに応じて、最適な支援体制、支援スキームをご提案します。

    新着情報 一覧を見る

    お問い合わせ

    お見積り・お問い合わせ

    さまざまな国や地域で、現地情報とネットワークを活かしたご支援を実施しています。
    詳細はお問い合わせください。