アミタ株式会社

アミタ株式会社

  • アミタホールディングス株式会社
  • English

ご依頼・ご相談

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

廃棄物管理者検定

shiken.jpg

知識・力量を定量的に計測できる廃棄物管理者検定

廃棄物はあらゆる事業活動から必ず排出されるものであり、事業所ごとに一定の知識を持った担当者を配置することが望まれます。 しかしこれまで、どの程度の知識が必要なのか、また誰にその知識・力量があるのかを定量的に測る手段がありませんでした。そこで、アミタ株式会社では、「廃棄物管理の法と実務セミナー」や廃棄物管理に関するコンサルティングの経験を活かして、廃棄物管理者検定を開発しました。

検定試験の目的 検定概要 試験問題例
試験結果 合格者の声 お申し込みについて

検定試験の目的

廃棄物管理者検定は、廃棄物管理に必要な知識や力量を定量的に測ることを目的にしています。対象者は、企業の本社等で環境管理の仕事に従事している方、工場やオフィス、店舗等の現場で廃棄物管理の担当をされている方等です。

本社環境部門の方へ

自身の廃棄物管理業務への理解度を確認するだけでなく、現場の担当者が業務に必要な知識を身に付けているか、検定試験を利用して定量的に把握することが出来ます。

廃棄物管理担当の方へ

廃棄物管理を担当する上で、実務に必要な知識が身についているか、不確かな知識や間違った理解をしていないかを確認することが出来ます。

ページの先頭へ戻る

検定概要

検定には、【基礎】と【応用】の2種類があり、担当する業務内容によってレベル分けを行っています。

廃棄物管理者検定【基礎】 廃棄物管理者検定【応用】
問題数 12問(選択式) 20問(選択式)
試験時間 20分 30分
合格基準 7問以上の正解 14問以上の正解

合格者に
求められる
スキルレベル

倉庫や営業拠点等、少量であまり危険性が高くない廃棄物の管理責任者、工場系の廃棄物の管理担当者として必要最低限の知識を持つ。 基本的に排出管理(引渡し、マニフェストの交付、返送期限管理とファイリング)を担当し、 判断業務は行わないが本社等から数値や順法状況の問い合わせ、アンケートに対応できるだけの知識がある。 契約書の締結等は、管理責任者の監督の下で行うこともある。 直罰、行政処分を受ける可能性があることを理解している。

工場や本社で実務担当者の業務内容を管理、監督することができる。 製品の製造等に伴って排出される、多量で危険な廃棄物(管理型、特管、多量排出)の管理も行える。
不測の事態が発生しても順法上のリスクを察知し、必要に応じて専門家に相談、法律の条文にあたることができる。 廃棄物処理法の少し難しい解釈も理解している。

※受験に際しては、法令集等を使用しても構わない

ページの先頭へ戻る

試験問題例

例題1(廃棄物管理者検定【基礎】)

以下のうち、最も正しいと思われる選択肢1つを選択してください。

(1) 産業廃棄物の処理委託契約書には、委託に関係する産業廃棄物処理業の許可証のコピーを添付しなければならない。
(2) 産業廃棄物の処理委託契約書は、取引期間中は保管しなければならないが、取引終了後は廃棄しても構わない。
(3) 中間処理業者の保管量が多くなったときに、緊急避難的に廃棄物を移動、保管することを積替え保管という。
(4) 産業廃棄物処理業の許可を受けた処理業者は、一般廃棄物も処理をすることができる。

解答(1)

例題2(廃棄物管理者検定【応用】)

以下のうち、最も正しいと思われる選択肢1つを選択してください。

(1) 産業廃棄物収集運搬業者は、廃棄物を積み卸しする地域を管轄する都道府県の許可を受けなければならず、政令市の許可が必要なケースはない。
(2) 通常、一般廃棄物収集運搬業の許可は市町村が出しているが、都道府県が特例的に出している場合は、当該都道府県内で一般廃棄物の収集運搬が可能である。
(3) 産業廃棄物の処理を委託する際には、収集運搬業者と契約し、その収集運搬業者が処分業者と契約していることを確認しなければならない。
(4) 産業廃棄物の中間処理を委託する際には、処理委託契約書に法定記載事項を全て記載せずに、別途作成する覚書に記載しても法律上の問題はない。

解答(4)

ページの先頭へ戻る

試験結果

 2011年5月から2016年2月にかけて、廃棄物管理者検定を合計38回(【基礎】:21回、【応用】:17回)実施し、下記の結果となりました。

廃棄物管理者検定【基礎】(12点満点) 廃棄物管理者検定【応用】(20点満点)
合格率 90.3% 33.8%
平均点 9.1点 11.7点
最高点(最低点) 12点(0点) 20点(2点)
kisohen.png oyohen.png

ページの先頭へ戻る

合格者の声

株式会社タカラトミー 品質統括部リサイクル推進課 長尾係長

廃棄物管理者検定を受検された率直な感想をお聞かせください
排出管理担当者は、社内に比較する同僚もあまりいませんし、同じような役割の他社社員との交流もそう簡単ではありませんから、自分の成熟到達レベルを客観視し辛く、コンプライアンスの心が折れそうな気分になったりもします。アミタさんの廃棄物管理者検定によって一定の客観視ができたことがとてもありがたかったです。

ページの先頭へ戻る

お申し込みについて

廃棄物管理検定を受験する

以下のセミナーを受講された方を対象に検定を実施しています。
廃棄物管理検定【基礎】・・・「廃棄物管理の法と実務セミナー【基礎編】」
廃棄物管理検定【応用】・・・「廃棄物管理の法と実務セミナー【応用編】」
「廃棄物管理の法と実務セミナー」のスケジュールは下記をご覧ください。

廃棄物管理検定を社内研修で実施する

社内の会議や研修等で廃棄物管理検定の実施を検討される方は、下記メールフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る


ご相談・ご依頼