アミタ株式会社

ご依頼・ご相談

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

環境認証審査サービス|FSC®/PEFC/MSC/ASCなど

Ninsho_Web[top]320x960_300.png

FSC®FM認証件数・MSC COC認証件数 国内シェアNo1の実績

現在、世界では1分間に東京ドーム2個分ずつの森林が消えており、クロマグロやカタクチイワシなど海の水産資源の約20%が、過剰漁獲の状態にあると言われています。森林資源や水産資源に枯渇の危機が迫る中、企業にとっては確実な原料調達先の確保やリスク分散などを含めたサプライチェーン・マネジメントが重要になっています。さらに、CSRとしてサプライチェーンに関わる取引先の社会的責任もマネジメントすることが世界的に重要視されています。

アミタは1999年に日本で初のFSC®森林認証審査会社として環境認証審査サービスを開始し、2006年にはMSC COC認証審査サービスを開始しました。そして、2010年にMSC COC認証機関として、2012年にはASC COC認証機関、2016年にはASC養殖場認証機関としてそれぞれアジアに本社を置く企業として初めて認定されました。アミタは適切な方法で生産された商品を消費者が選んで購入できる「環境認証」のパイオニアとして、企業・自治体・森林組合・漁業協同組合を始めとする木材製品や水産製品に関わる生産・流通・加工すべてを審査し、責任あるサプライチェーンの構築を支援しています。(FSC® N001887 ACC-MSC-020)

※以下リンクはクリックすると該当箇所に飛びます

森林認証審査サービス 水産認証審査サービス その他のサービス 認証審査の流れ 会員ページ 環境認証関連セミナー

主な環境認証取得のメリット

  • 原料仕入れのリスク管理や将来起こる資源枯渇へのリスク対策をとることができる
  • 世界的に信頼性の高い環境認証のラベルをつけることで、製品の差別化・新規顧客開拓ができる
  • 認証製品の取り扱いにより、適切な資源管理・CSR調達に対する取り組みに第三者からの認証を可視化できる

アミタが実施する主な環境認証審査サービス

森林認証
FSC PEFC
FM認証

tble_icon_check01s.gif

×
COC認証

tble_icon_check01s.gif

tble_icon_check01s.gif

プロジェクト認証

tble_icon_check01s.gif

tble_icon_check01s.gif

水産認証
MSC(漁業) ASC(養殖)

MSC漁業認証

×

ASC養殖場認証

tble_icon_check01s.gif
COC認証

tble_icon_check01s.gif

tble_icon_check01s.gif

責任ある森林管理と適切な加工・流通を認証する~森林認証審査サービス~

fsc_seihin.jpg

アミタが提供する森林認証は、FSC(Forest Stewardship Council®: 森林管理協議会)とPEFC(Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes)の2種類です。どちらも適切に管理された森林を認証する制度で、責任ある森林管理(Forest Management:森林管理)を認証するFM認証と、認証された森林から産出された林産物の適切な加工・流通を認証するCOC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)認証があります。

近年では、事業体(企業や組織)ではなく、建設・製造される建築物、土木構造物、イベントステージなどのプロジェクトそのものを認証するプロジェクト認証もでき、より小単位からの環境認証が可能になっています。

(アミタは、認証機関であるソイル・アソシエーションおよびSCSグローバルサービスと提携して、森林認証審査サービスを実施しています。)

対応する認証種類関連する主な業界
森林管理の認証(FM) 森林組合・自治体・社有林等を所有している企業 等
加工・流通過程の認証(COC) メーカー(製紙・家具・建材・製材・建築・住宅・木工製品・包装 等)・流通・印刷・小売 等
プロジェクト認証 建築・建設・メーカー(家具・建築・住宅・木工製品 等)・イベント会社 等

※会員ページにはID/PASSが必要です。

ページの先頭へ戻る

持続可能な水産資源の管理と適切な加工・流通を認証する~水産認証審査サービス~

msc_seihin.jpg

ミタが提供する水産認証は、天然の水産物を認証するMSC(Marine Stewardship Council: 海洋管理協議会)と、養殖水産物を認証するASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)の2種類です。

どちらも適切に管理された水産物を認証する制度で、MSCには、漁業の持続可能性を審査する「MSC漁業認証」と、認証された水産物の適切な加工、流通を認証する「COC認証」があります。ASCにも、養殖業の環境面、社会面の適切性を審査する「ASC養殖場認証」と、MSCと同様の「COC認証」があります。

この中で、アミタは「ASC養殖場認証」審査、またMSC・ASCの「COC認証」審査を行っています。(現在アミタではMSC漁業認証審査は行っていません。)

関連する主な業界

法人・個人・漁業協同組合などの漁業者・養殖業者
水産物を扱う【食料製品メーカー・加工・流通・小売・ホテル・レストランなどの飲食店】 等

※会員ページにはID/PASSが必要です。

ページの先頭へ戻る

その他認証サービス~ご要望に合わせた環境認証審査サービスの提供~

アミタではこれまで多くの木材・紙製品や水産製品の製造・流通過程における管理の適切性を審査してきました。その技術とノウハウにもとづき、様々な環境・CSR関連の第三者認証審査と基準策定といった関連サービスをご要望に応じて提供しています。

ページの先頭へ戻る

主な認証審査の流れ(森林認証/水産認証)

認証を取得するには、審査基準に従った管理体制を構築し、実行することが必要です。FSC FM認証・MSC漁業認証・ASC養殖場認証の場合は認証取得のための本審査の前に事前審査を行い、本審査で認証された後も、毎年年次監査を実施します。COC認証も認証取得後に毎年の年次監査が必要となり、一度取得した認証はFSC・PEFCで5年間、MSC・ASCは3年間有効です。プロジェクト認証の年次監査と更新審査は不要です。有効期間後に認証を継続する場合は、更新審査を受けていただくことで認証が更新されます。詳細はご依頼・ご相談ください。

ページの先頭へ戻る

certifcation_flow.png

会員ページ~認証後の継続的なご支援~

アミタで認証審査を受けた方への特設ページです。規格解説・Q&A・ニュースなど、審査準備や認証運用に役立つ資料が充実しています。

※会員ページにはID/PASSが必要です。

実績

ページの先頭へ戻る

top_btn04_off.png